結婚そのものが、親主導から子ども主導に変わっていった概要

結婚そのものが、家と家を繋ぐ厳粛な時代

現代においても、地域によっては親の許しを得なければ結婚できないという地区があります。かつては、結婚は家と家を結びつけるもので、他人同士が親戚になる格好のものでした。そのため、家の格式も違いすぎれば、いくら好いた者同士でも親族会議に掛けられて、ダメとなれば結婚できませんでした。良縁となれば、結婚式は神社で両家族と親戚が集まり、神に向かって誓いをしました。そうして、披露宴は両方の親がお互いに恥を欠かせてはならないと盛大に行いました。

かつては結婚式の主導権は親が持っていました

昭和30年代後半くらいになると、子どもが結婚したいと相手を連れて親と面談をすると、大抵の親は反対をすることもなく、認めてくれる時代になりました。それまでは、恋愛をして夫婦になるよりも、お見合いが圧倒的に多かったのです。そうして、結婚式は親が主導権を持っておりました。田舎であれば、町の公民館などの広い会場を借りて披露宴の準備に入るのは親の務めであったのです。仲人を誰にするかなども、二人は親と相談して決められいたのです。

結婚は若いカップルが決めものという時代

平成に入ると、結婚も結婚式も完全に若いカップルが主導権を握る時代になりました。できちゃった結婚も珍しいことではなくなり、二人の交際は事後承諾型が増えてきました。結婚式の挙式や披露宴も、二人が自分たちのイメージに合うところを選択して、招待客も会社関係は極力省き、仲の良い友人だけに案内状をだすようになりました。そうして、親は費用の相談を受ければ、いくらか援助をする程度です。結納や仲人といった昔の儀式は外されて、親は結婚式に招待をされるといった内容になってきました。

福岡の結婚式場はたくさん存在しています。ブライダルフェアに二人で参加して、実際の雰囲気を味わうことが大切です。