そんなに高くない!?結婚指輪の値段の相場とは

一生に一度のものだけど

結婚指輪というのは、夫婦が愛を誓うために付けるものですよね。一生に一度のものであり、やはり高価なものが欲しいと考えるものです。しかし実のところ、結婚指輪にそれほどお金をかけたくないというカップルもかなりの数存在します。新婚生活には何かと入用でもあり、そのため結婚指輪にあまりお金をかけたくないというカップルもいるのです。それでは、一般的なカップルというのは結婚指輪にどれだけのお金をかけているのでしょうか。

1本当たり10万円前後

結婚指輪というのは、男女がペアで購入するというのが一般的です。つまり一度の2本の指輪を購入するということになりますが、合計でもだいたい20万円くらいが相場だと言われています。ペアで20万なわけですから、1本あたりにすると10万円くらいですね。婚約指輪が給料の3か月分とも言われますが、それと比べると結婚指輪は高価なものというよりも、シンプルで使いやすいものが選ばれる傾向にあるため、金額も控えめなのです。

男性は付けるのを嫌がる?

結婚指輪は夫婦二人でしてこそですが、男性の場合、付けるのを嫌がってしまう人もいたりします。仕事柄付けておくことができないというケースもあったりしますが、女性からすればいつも付けておいてほしいものですよね。そんな時は、男女で違ったデザインにするというのもありかもしれません。男性の指輪はよりシンプルなデザインにして、女性の指輪は少し派手なものにしても良いかもしれません。そうすれば、相場である20万円以内であっても、女性がより高価な指輪を選ぶことができたりします。

結婚指輪は通常、ペアリングが基本ですが、少数派の中には、どうしても好みが合わない、自分の好きなものを選びたいという考えでペアにしない、というご夫婦もいるそうです。